診療内容

  1. ホーム
  2. 診療内容

診療内容

小児歯科

30 年以上にわたって行っている
校医の経験を生かした治療

小児歯科

鏡などを使って、実際にご自身のお口のなかを見ていただいています。

当院の院長は、近隣の学校で 30 年以上にわたって校医をしてきました。昔は虫歯のお子さまが多くいらっしゃいましたが、近年では親御さまの意識が高くなり、虫歯のお子さまは珍しくなっています。幼稚園や保育園での検診もしてきましたので、その経験を生かした治療を行っています。
目に見えるところに汚れがついていることに気づけていないお子さまも、多くいらっしゃいます。まずは鏡を使ってお口の現状を見ていただき、歯磨き粉をつけないで歯磨きをしていただきます。歯磨き粉はさわやかな成分が入っており、磨けているつもりになってしまうためです。
実際に磨いてみますと、歯ブラシが奥まで届いていないことがあります。下の前歯の裏側や、上の奥歯の外側など、磨けていないことが多い部分をお子さまだけでなく親御さまにもお伝えするなど、ブラッシング指導を行っています。

歯周病

横須賀市と連携をとりながら、
節目での定期検診を促進

歯周病は痛みをともなわないまま、どんどん進行していく病気です。慢性的な病気である歯周病の治療は、定期的に歯科医院に通っていただくことが大切です。
横須賀市では、30 歳、40 歳、50 歳、60 歳のタイミングで、市内に在住されている方に向けて「節目検診」を行っています。その費用はすべて横須賀市が負担しています。また、20 歳と 80 歳での検診も行っており、歯科医師会が費用を負担しています。当院では定期的なお口の状態のチェックをするため、この節目検診を促進しています。
歯科衛生士だけでなく、院長も歯周病のケアを行います。できる限り抜歯のような外科的な治療はしたくないと思っていますので、院内ポスターやブラッシング指導、定期検診などで歯周病の予防に取り組んでいます。

歯磨きをする女性

歯科衛生士だけでなく、院長先生も患者さまの口腔内を診ます

被せ物・詰め物

シリコンラバーなどの素材にこだわり、
よりよい型どりを・・・

院内の写真

型をとる際は、シリコンラバーを使用しています。

当院では被せ物の治療をする際に、シリコンラバーというシリコン素材を使って型どりを行っています。
ほかの素材で型をとっている歯科医院は多くありますが、ほかの素材ではしばらく放置していると形が変わってしまいます。患者さまのお口にぴったりフィットした被せ物をつくるために、素材にはこだわりをもって治療を行っています。
また、患者さまのご希望があった場合には口臭予防の治療も行っています。
口臭は、虫歯や歯周病が原因でないとすれば、精神的な問題である可能性もあります。原因を見つけて取り除くことで、患者さまに喜んでいただけるような治療を目指しています。
舌をきれいにすることで口臭が収まることもありますので、うがい薬などをお渡しするといった予防にも力を入れています。

美容診療

患者さまがご自分のお口に自信をもって、
思いきり笑えるように・・・

口元をきれいにすることで、患者さまの生活を大きく変えることができます。

口元を手で覆って隠すようにしていた方でも、自信をもって笑えるようになったり、大きな口を開けて話すことができるようになったりと、患者さまの生活が明るく変わります。
昔は、前歯にあえて金歯を入れるというようなこともありましたが、最近ではそのようなことはなくなり、見た目を美しく、自然の歯に近い色にする治療が主流になっています。
当院では、クラウンのブリッジでの治療を得意としており、患者さまによりよい治療を提供するように心がけています。しっかり噛むことができ、見た目の面でも患者さまにご納得していただけるようなものをつくっています。

白い歯の女性

お口元をよりきれいにすることで、患者さまのさらなる自信へつないでいきます。

入れ歯・義歯

歯肉の状態をしっかり把握することで、
患者さまに合った入れ歯を・・・

当院の院長は、40 年以上にわたって入れ歯の治療に携わってきました。総入れ歯や部分入れ歯などさまざまな症例を見てきたなかで、大切なことは型どりと歯肉の状態であると考えています。
歯肉も入れ歯もやわらかいため、型のとり方によって入れ歯の形が変わってしまいます。歯肉のやわらかさには個人差がありますので、歯肉の状態をしっかり見極め、その状態に合った素材を選択することが大切です。
健康なお口の場合、噛むときの歯の位置は決まっています。しかし、歯がなくなってしまうことで、そこにズレが出てしまいます。そのため、今まで使用していた入れ歯を見ることや、お口の周りについて考えることで、きちんとした噛み合わせを再現していきます。

治療風景

長きにわたる治療経験を生かし、患者さまに合った入れ歯をおつくりいたします。

歯科口腔外科

目に見えない歯の根っこの部分まで診断することで
患者さまの負担を軽減

レントゲンの写真

レントゲンを使用し、歯の根の部分から検査していきます。

当院では目に見える部分だけではなく、目に見えない根っこの部分までしっかり診断していきます。 まずはレントゲンを撮り、根っこがどのように生えているのかを調べていきます。根っこが曲がっていることや広がっていることもあるため、きちんと診断することが大切です。
こうすることで、親知らずの抜歯をする際にも、患者さまの負担を減らすことができます。
患者さまの歯の状態によって、抜歯にもいろいろなパターンがあります。
患者さまのお口のなかを根っこまで詳しく調べることで、より患者さまに合った治療を行うことができると考えています。
当院ではできるだけ歯を抜かないことを目指していますが、どうしても抜かなければいけない場合にはしっかり診断を行っています。

障害者治療

目に見えない歯の根っこの部分まで診断することで
患者さまの負担を軽減

横須賀市の歯科医師会では、毎週火曜日と木曜日の午後に、障がいのある方への治療を行っています。
当院の院長はこの歯科医師会の治療に 30 年ほど参加しており、その経験を生かしながら治療を行っています。
一概に障がいのある方といってもさまざまな状況の方がいますので、相談に来ていただいた場合にはどなたでもしっかり診断をしていきます。
当院で治療ができると判断した場合にはお受けしますが、 今までの経験から当院での治療が難しいと判断した場合には、より難しい治療を行うことができる大学病院をご紹介させていただくこともあります。

詳しくはこちら

治療風景の写真

無理な治療は行わず、治療が可能な状態であるかを確認することから始めています。

PAGE TOP