補綴について

  1. ホーム
  2. 補綴について

補綴について

虫歯で欠けた部分は詰めたり、被せたりして形を修復します。被せたり詰めたりする物を「補綴(ほてつ)」といい、保険を適用できるかどうかで使える物の種類は大きく違ってきます。

インレー

保険適用
材質 費用の目安 備 考
金銀パラジウム合金 銀色 一般的に保険でよく使われている材質です。
レジン(プラスチック) 白色 実際の歯の色に近い反面、耐久性に欠けます。
自費治療(保険適用外)
材質 費用の目安 備 考
金合金 金色 2~5 万円 適合が良く、咬合を調節します。
セラミック(ポーセレン) 白色 2~5 万円 天然歯に近く、変色はしません。
状態により割れることもある
インレー

クラウン

保険適用
材質 費用の目安 備 考
金銀パラジウム合金 白+銀色 一般的に保険でよく使われている材質です。
自費治療(保険適用外)
材質 費用の目安 備 考
金合金 金色 金色 5 万円 適合が良く、咬合を調節します。
白金加金 金色 5 万円
セラミック(ポーセレン) 白色 8 万円 天然歯に近く、変色はしません。
状態により割れることもある。
クラウン

前装鋳造冠

保険適用
材質 費用の目安 備 考
レジン+金銀パラジウム合金 銀色 一般的に保険でよく使われている材質です。
年数が経つと変色しやすいです。
自費治療(保険適用外)
材質 費用の目安 備 考
メタルボンド 白色 8 万円 天然歯に近く、変色はしません。
オールセラミック 白色 8 万円 天然歯に近く、変色はしません。
ラミネートべニア 白色 6 万円 歯の表面に薄いセラミックの板を張り付けます。
歯と歯の隙間を少なくする効果もあり。
前装鋳造冠

PAGE TOP