虫歯治療

  1. ホーム
  2. 虫歯治療

虫歯のでき方と虫歯治療

虫歯のでき方

虫歯の原因となるもの Step1

人間の口の中には多くの細菌が住んでいますが、その中で虫歯の原因となるのが「ストレプトコッカス・ミュータンス」菌です。
この菌は口の中の食べカスなどの中に含まれる糖分を栄養として繁殖し、歯の表面にネバネバした固まりを作り出します。このネバネバしたものが「歯垢(プラーク)」とよばれる物です。このプラークはまた、この菌をはじめとした菌の繁殖場所でもあります。

虫歯の原因となるもの

虫歯の原因となるもの Step2

歯垢の中に住み着いて繁殖した虫歯菌は、食べ滓の中の糖質を栄養にして酸を作りだし、歯の表面にあるエナメル質を溶かします。
これが虫歯の始まりです。

虫歯の原因となるもの

虫歯の進行

つぎに、虫歯の歯の姿(図)と虫歯の進行度(C1~C4)の状態をご説明します。

C1 エナメル質の虫歯(歯の表面)

初期の虫歯はエナメル質の溝にできます。エナメル質は知覚がなく、ほとんど自覚症状がないので、つい放っておきがちですが、この段階の内に発見して治療するのが、結果として早く直り、また完全に治る可能性もあるのです。

虫歯の進行

C2 象牙質の虫歯(神経に近い)

虫歯がエナメル質を超えて象牙質まで浸食し、冷たいもの、甘いものを食べる際にしみるようになります。

虫歯の進行2

C3 神経まで進んだ虫歯

虫歯菌が象牙質を完全に浸食し、歯の神経(歯髄)が完全に露出してしまっているため、絶えず激痛に悩まされるようになります。神経まで犯されてしまっているので、神経をとってしまいます。

虫歯の進行3

C4 歯の根っこまで進んだ虫歯

虫歯菌が完全に歯を溶かしてしまい、歯冠が完全に消滅しています。さらに根の先が化膿し、膿の袋ができていることが多いです。この膿の袋が原因で他の感染症にかかる危険性もあります。治療は困難で抜歯することもあります。

虫歯の進行4

虫歯の予防
  • 虫歯の原因は歯垢、歯垢を溜めないようにこまめな歯磨きを心がけましょう。
  • 糖分を少なくするのも有効です、砂糖の摂取量を減らしましょう。(特にアメは大敵です)。
  • 砂糖をなるべく減らす生活を心がけましょう。 (白砂糖は特に危険。甘い物をだらだらと食べる食生活が一番危険です)
  • 歯質の強化を図り、丈夫な歯を作りましょう。 乳歯や永久歯が生えたばかりの子供は歯が非常に弱い物です。 フッ素やシーラントなどで前もって強化するのも効果的です。
歯磨きの指導

虫歯治療

その1 削る

当院での一般的な治療の手順を紹介します。ただし、患者さんの状態などによっては変わる場合もあります。

覆罩(ふくとう)~神経の保護~

虫歯が深かった場合、覆罩(ふくとう)を処置します。虫歯の深い所は神経に近いため、神経を保護する薬剤を詰めます。
虫歯が深い場合、神経がびっくりして治療後に痛みが残ったり、しみたりする場合もありますが徐々に治まってくるでしょう。
痛みがひどくなる場合は、必ず歯科医師に相談してください。

覆罩

その2 詰める
レジン充填法

エッチング・ポンティング  レジン充填  照射  研磨

レジン充填法

インレー法

印象(imp)  咬合採得  仮封  インレー装着  咬合調整  セメント除去

インレー法

PAGE TOP